アプリケーション プログラム

GNUアセンブラ(PC,UNIX用)またはCコンパイラ(PC,UNIX用)を容易に使用できます。 詳細についてはGNU マニュアルページを参照してください。また、その他の68000用コンパイラやアセンブラも使用できます。 コンパイラとアセンブラをダウンロードするには EyeBot ftpサーバーをご利用ください。

EyeBotを制御するためにアセンブラやC言語のプログラムを独自に作成することができます。Cプログラムでは EyeBotライブラリーを使用してください。ディスプレイ出力(テキストまたはグラフィクス)や、カメラ入力(白黒またはカラー)、サウンド出力、サーボ制御(モーター)用の関数が用意されています。 printfやgetcharのようなClib関数 をLCDPutStringやKEYGetの代わりに使用できます。しかし、これによって追加ライブラリ関数がリンクされ、結果として実行プログラムが大きくなることに留意ください。

アプリケーションプログラムの作成方法


C言語によるプログラミング

Cソースファイル(例えば demo.c)を以下のように編集します。:

#include "eyebot.h"
#include <stdio.h>
int main ()
{
    int k;
    printf("Hello !\n");
    k = KEYGet();
    printf("key %d pressed !\n", k);
    return 0;
}

アセンブリ言語によるプログラミング

アセンブリソースファイル(例えばhello.s)を以下のように編集します。:

.include "labmac.i"
.section .text
.globl main
main:  LEA hello, A0          | load string address
       CALLEXEC LCD_PutString | call assembly routine
       RTS
hello: .asciz "Hello !"

いくつかのGNUアセンブリの拡張子がモトローラ標準と異なっていることに注意してください。:


C言語とアセンブリ言語の組合せ

ひとつの実行ファイルを作成するときに、いくつかのC言語とアセンブリ言語のプログラムを組合わせることができます。組合せ方法として以下の二つの方法があります。:


Thomas Bräunl, 2001