Improv - ロボット映像のための画像処理

"Improvのライブをご覧ください!"

Screen shot of Improv

概要

Improvは低解像度の基本的なリアルタイム画像処理ツールで、 例えば移動ロボットなどに適しています。
このソフトはパソコン用Linuxオペレーティングシステム上で開発され、 X Windowsのもとで実行することができます。
Improvは多くの低価格な低解像度デジタルカメラ(画像取込装置は不必要) を使うことができます。
現在、バージョン5.1がFTPサーバー上にあります!

特徴

Improv 5はプログラムを完全に作り直し、現在は下記の特徴を持っています。: Improvは下記のカメラをサポートしています。: Improvは第1ウインドウに処理前の画像(静止画像またはカメラのライブ映像)を表示します。そして、さらに5つのウインドウを使って画像処理を行うことができます。各サブウインドウごとに画像処理方法を決めることができます。

ソフトウェアー


ImprovはThomas Bräunlの指導の下でMichael Rudolph、 Thomas Bräunl、Elliot Nichols、Gerrit Heitsch、Uli Mezger、 Glen Horlin、Leon Kochによって改良されました。


Thomas Bräunl