バランスロボット

BallyBotは左右に2つの車輪をもつ実験用のバランスロボットで、振り子に似ています。人型ロボットの改良を目的に、センサーシステムとシステム制御の知識得るために実験モデル的にBallyBotを使用しています。

今のところ2つの実験用ロボットを製作しています。バリー1(右)は、コントローラー、センサー、車輪をつけた2個のファウルハーバー・モーターを取付けた1枚のアルミニウム板からなる単純な構造をしています。バリー2(左)は、同じセンサーを取付け、さらにコンパクトに設計したものですが、モーターには高減速比の歯車減速機を使用しています。ロボットは能動的にバランスをとり、遠隔操作される車のように赤外線リモコンで操縦できます。詳細については書籍"Embedded Robotics"を参照してください。

BallyBot 2 BallyBot 1

Alistair Sutherland,
Thomas Bräunl