EyeNet - EyeBot用無線通信ネットワーク

EyeBotに差込んでシリアルポートの2チャンネルにより無線通信できる無線通信モジュールが開発されています。多くのEyeBotsが基地局なしにお互いに通信しあうことができます。

パソコン用にも別の無線通信モジュールが開発されていて、シリアルポート(COM2)とキーボード用ポート(電源用)に接続して使います。このモジュールは他のEyeBotと同じようにネットワークに接続し、ロボットの遠隔制御やモニタリングに使うことができます。

特徴


Thomas Bräunl